借金問題でお悩みの方

ひとりで悩まないでください。

金銭問題のスムーズな解決をサポート致します。

クレサラ相談実施中!

こんなことで悩んでいませんか?事例から学ぶ弁護士に依頼するメリット

Case
Study 1

相手から頻繁に金銭的請求を受けている

毎日、相手方から頻繁に電話がかかってきたり、自宅や勤務先に押しかけてこられたりして困っています。

私たちがあなたの代理となれば

弁護士があなたの代わりに相手方と話をしますので、相手方と直接顔を合わせて話をする心理的負担から解放されます。仮に相手方が直接あなたに何かを求めてきても、弁護士を通じて回答するといえば済みますし、直接の連絡を拒否してもかまいません。

弁護士は、仮に裁判となった場合にどのような展開になるかを予想しながら、相手方の主張に妥当性があるかどうかを確認して交渉を進めますので、相手方をおそれて強引な要求に屈してしまうという心配はありません。

Case
Study 2

住宅ローンを抱えています。
でも住宅は手放したくありません。

私たちがあなたの代理となれば

一つ一つの事案に最適な債務整理を選択し、提案します。

弁護士が依頼者とともに家計に見合った最適な返済方法を考え、依頼者の生活の再建を手助けします。

債務の総額を減らせば継続して返済することが可能な場合、個人再生の申立ができるかどうかを弁護士が検討します。個人再生が可能であれば、住宅ローンは残りますが返済計画の変更ができることもありますし、また住宅を残したまま債務整理を行うことができます

家計に見合った返済計画を立てることができず、支払不能と判断した場合には、自己破産の申立手続を代行し、全債務の免責が受けられるように法的にサポートします

Case
Study 3

毎月の返済額を変更したい。

私たちがあなたの代理となれば

弁護士が賃金業者と交渉します。

依頼者が貸金業者と直接交渉する必要はありません。

貸金業者との交渉は弁護士がすべて代理しますので、依頼者が貸金業者と直接交渉する必要はありません。弁護士が貸金業者との間に入り直接の取り立てから解放します。

返済計画の変更が成立した場合には弁護士が貸金業者との間で新たな返済方法に関する和解書を取り交わします。

Case
Study 4

交渉の過程で、残元金を減らすことはできますか?

私たちがあなたの代理となれば

場合によっては残元金を減らすことが可能です。

弁護士が貸金業者から過去の取引履歴の開示を受け、これに基づいて利息制限法所定の制限利率による再計算を行います

利率が利息制限法所定の制限利率を超過する場合には残元金を減らすことが可能です

Case
Study 5

過払い金回収は可能ですか?

私たちがあなたの代理となれば

弁護士が回収を代行します。

過払金が発生していても時効の問題や取引の中断、過払金利息の発生時点、利得の悪意性など様々な法律問題があります。裁判所に訴えを提起しなければ回収できないような問題もあります

このような問題を弁護士が適切に判断し、法的な主張を適切に行って、過払金の回収を円滑に進めます
過払金を回収すれば、回収したお金を、残りの債務に充てることも可能になります

ひとりで悩まないでください。

弁護士は、常に人と共にあります。人とともに怒り、泣き、笑う。
私は、目の前にいる人にとって最善の方法を提案し、少しでも良い結果となるように尽力します。
困っているあなたを、社会の中で独りぼっちにしない。
それが弁護士である私たちの使命です。

ひとりで悩まないでください。

料金体系

費用を見て、絶対にあきらめないでください。資力の乏しい方を助ける制度「法テラス」があります。

法テラス

1.任意整理(事業者以外の個人)

  • 着手金:1社あたり………金2万円~金3万円(税別)
  • 報酬金:過払金返還額の16%~20%程度(減額報酬、リスケジュール報酬なし)

2.任意整理(事業者(法人を含む)

  • 着手金:金10万円~金30万円(税別)
  • 報酬金:経済的利益の5%~20%程度

3.自己破産(事業者以外の個人)

  • 着手金:金20万円~金30万円(税別)
  • 報酬金:過払金返還額の16%~20%程度(免責報酬なし)

4.自己破産(事業者(法人を含む)

  • 着手金:金40万円~債務総額の4%程度(税別)
  • 報酬金:経済的利益の5%~20%程度

5.民事再生(事業者以外の個人)

  • 着手金:金25万円~金35万円(税別)
  • 報酬金:過払金返還額の16%~20%程度(認可報酬なし)

6.民事再生(事業者(法人を含む)

  • 着手金:金60万円~債務総額の4%程度(税別)
  • 報酬金:経済的利益の5%~20%程度

解決までのアクション※あくまでもモデルケースです。

記憶を整理する

  1. どの貸金業者から、
  2. どういう目的で、
  3. 最初にいつ頃からから借り初め、
  4. 残債務がいくらあり、
  5. 毎月いくらずつ返済しているのか、
  6. 保証人や抵当権が付いていないか、というかたちでリストを作ってみましょう。

証拠を見つける

できるだけ古い領収書や振込明細書、契約書などの証拠を見つけ出して下さい。

※こうした書類を失っていても債務整理は可能です。

家族の収支を把握

自分や家族の収入と支出を把握しましょう。

面談の日時を決める

まずは、お問合せください。
面談の日時を調整します。

ご相談受付フォーム

※秘密は守ります。

弁護士による法律相談

弁護士が相談者から具体的な事情をうかがい、法律上の解決策をアドバイスします。
もちろん法律の説明も致します。

※クレサラ相談料 初回無料。

債務整理の方法

弁護士とともに最適な債務整理の方法を選択します。

着手金、報酬、実費

ご依頼される場合、弁護士から着手金、報酬、実費などの説明を受けます。

※資力と事案によって民事法律扶助の利用も可能です。

弁護士と契約

弁護士と契約します。

※着手金、報酬、実費などの見積もりについては契約書に明記します。

受任通知発送

弁護士が貸金業者に対して受任通知を発送します。

※受任通知が相手方に届いた時点から直接の取立ては止まります。
※返済計画を変更するまでの間は一時的に支払いをしなくてもかまいません。

返済計画を立てる

再計算後の残債務について、弁護士とともに返済計画を立てます。

債務整理方法再検討

当初予定した債務整理方法では返済を継続できないと判断した場合には、他の債務整理方法を選択します。

返済計画を変更

弁護士が貸金業者と交渉して返済計画を変更します。

返済計画決定

変更後の返済計画に従って、毎月の返済を続けて下さい。

ひとりで悩まず、
一歩前に踏み出しましょう!

菜の花総合法律事務所は、法律であなたを守る身近な存在です。
生活上の悩み等お気軽にご相談下さい。大切なあなたの人生の道標となることを、ここにお約束いたします。

土曜日相談

お仕事などで、平日の相談が困難な方へ。

出張相談

ご来場されるのが困難な方へ

■鳥取県:鳥取市・湯梨浜町・倉吉市・米子市・境港市
■兵庫県:新温泉町・香住町・豊岡市

法テラス

資力が乏しい方のための民事法律扶助

お気軽にご相談下さい。

トップへ戻る